同人即売会で大活躍|名刺や紙袋の作成費用を抑えたい|出来るだけ経費削減するために

名刺や紙袋の作成費用を抑えたい|出来るだけ経費削減するために

インク

同人即売会で大活躍

印刷

なぜ作る必要があるか

本来、紙袋は物を入れて持ち歩くための道具です。ところが、デパートや家電量販店などでは、紙袋に自分のお店の名前やロゴなどを入れて、それ自体を広告とすることがもはや当たり前になっています。近年の同人即売会では、広い会場に来場者と参加する個人・団体が多数いるため、ブース前でのPRだけでは集客の効果はとても薄いものです。そこで、品物を入れて渡す紙袋は、サークル名や特徴的なイラストなど、オリジナルのものを印刷しておきます。すると、商品を印刷した紙袋に入れて客に渡せば、その客が会場内を回っている間、自分のサークルを広い範囲で知ってもらうことが出来ます。即売会で収益を上げる目的なら、オリジナルの紙袋は必須といえます。

オーダーする

オリジナル紙袋の印刷は、紙袋の種類や紙質、発注枚数などによって一枚当たりの単価が大きく異なります。目をひくのは、やはりフルカラーのラミネートタイプです。表面に光沢感があり、有名ブランドショップでも使用されているような品質のため、見た目の印象はとても良いです。もちろん、安価な単色印刷でも、アイデア次第でとても印象的になります。デザインのポイントはひと目でそのサークルと判ることです。印刷会社は想像している以上に多いので一概には言えませんが、印刷会社によっては版代が無料になったり、デザイン自体をおまかせ出来るところもあります。オーダーの際は、予め袋の種類・枚数・希望納品日などを決めて、見積もりをとることから始めるのが一般的です。同人活動で使用するための紙袋印刷を専門にしている会社もあるので、是非活用しましょう。