名刺や紙袋の作成費用を抑えたい|出来るだけ経費削減するために

印刷機

同人即売会で大活躍

印刷

同人即売会では、オリジナルの紙袋を作っておくと、PRにとても効果的です。オリジナル紙袋の印刷は、必要事項を決めておき、見積もりを取ることから始めましょう。最近では同人誌と紙袋をセットで作れる印刷サービスが人気になっています。

Read More...

役立つ宣伝ツールとして

インク

広告に使用される紙袋の印刷では、考慮すべきことが多くあります。デザインひとつで宣伝効果が高くなるか否かが決まるからです。また使用するインキが増えるほどに料金も高くなるので、費用対効果を考えてコストパフォーマンスを高めることが必要です。

Read More...

オリジナル袋作成

紙袋を持つ女性

宣伝広告などで紙袋を作成するには、インパクトがあり印象深いデインで作成する事が大切です。紙袋を作成している会社では、同じデザインを大量に印刷する事が可能なのでイベントや記念品などで使用する際にも重宝します。

Read More...

Associated Link

  • オルパ

    日本最大級の品ぞろえで話題です!OPP袋のことなら、激安価格で仕入れることができるこちらの専門店へどうぞ。
  • パッケージデザインのすべて

    有名なパッケージデザイン職人がここにいます。商品の魅力を引き出すので、売上増を期待できますよ。依頼は早急にどうぞ。

オリジナルデザインの強み

色見本

既製品並みの料金

紙袋は、荷物を運ぶことが主な役割ですが、オリジナルデザインを印刷した紙袋はブランドの顔になり、広告効果がとても大きいものです。看板や新聞折り込みで広告を出そうとすると広告費が高額になりますが、紙袋は制作費や印刷費も看板などより抑えられるうえ、大きな広告効果を出すこともできます。もし広告としてオリジナル紙袋を作るのであれば、使い捨てされにくい上質な紙袋でなければなりません。ですが、近年のオリジナル紙袋は需要が伸びていることもあって、既製品とほとんど同じ料金で作ることができるようになっています。既成サイズであれば、オリジナルの印刷ができて、紙質などの材質が選べる格安な業者もあります。まずは見積もりをとってみることをお勧めします。その中から経費削減に繋がりそうな業者を選ぶとよいでしょう。

コストを下げるデザイン

紙袋の印刷には現在2つの方法が取られています。なかでも最も一般的なのはオフセット印刷で、細かい文字や写真も鮮明に印刷できます。この方法では、細かなドットを落とすことによって1枚のデザインを表現します。通常、インクを4色使うことでフルカラーを表現しますが、1色だけを使うことによって経費削減になります。また、古くからある印刷方法のフレキソ印刷も近年見直されてきています。この方法は、細かい文字は苦手ですが、曲がった面にも印刷ができます。また使われるインクは水性インクを使った環境に優しい方法のため企業のイメージアップにも繋がります。1万枚を越えるような大量ロットの場合には、コストを大幅に下げることができるので用途やデザインによって印刷方法を選ぶようにしてください。紙袋以外にも印刷業者では名刺の作成も行なっています。名刺は、ビジネス上とても重要な役割を果たしてくれるので、必須アイテムといえるでしょう。名刺のデザインから考えてくれる場合もありますので、是非利用してみましょう。